カテゴリー「windows vista/7/8」の記事

2013年10月18日 (金曜日)

早速windows8.1にしてみたわけだが、スタートボタンの御座なり感は半端ない

まぁ、preview版の時点でスタートボタンは復活するけれど内容はスタートボタンじゃない、ということは散々言われていたので知っていたけど、いざ正式版を実際にインストールしてそのスタートボタンを試してみると・・・

あー、なんだこりゃ。
”スタートボタン”はあるけれど、出てくるメニューはwin8の左下隅から出てくるのと大して変わらない。
要はメトロのスタート画面を追加されたスタートボタンから開けるようになったということですな。

それにしても

新しいGUIを提案してやったんだけど、ユーザーがスタートボタンが無いのは不便だとかメトロは使いにくいとか強要するなとかグズグズ言ってうるさいからボタン付けてやるよ。
メトロもスキップできるようにしてやったし、おまいらの大好きなデスクトップから始められるようにしてやったぞ。
ほれ、これでいいんだろ?な?
ほかに選択肢ないんだから、四の五の言わずに使いな。

みたいな雰囲気がビンビン伝わってきますよ、これ・・・

あと、チャームからたどる設定項目なんかも手を加えられてるみたいだなぁ。
不具合を修正して大幅に使い勝手を見直したともいえるけれど、win8はやはり迷走しているともいえる。

各所で目にするこの画像は核心を突きすぎるほど突いている、まさにこの通りだ。

Windowshi

この次を描き足すとすれば、8のハンマーの柄が使いにくいみたいだから8.1では色を変えてみました的な感じかな。

windows8がちょっとアレな件はマックロソフトもさすがに気がついているんだろう。
アップデート版をSP1ではなくてあえてwindows8.1とするぐらいなんだから、

それにしても、やはりwindowsの法則からwindows8は逃げられなかったか。
コア部分はそんなに悪くないと思うんだけれど妙にモバイルデバイスに色気を使って半ばユーザー無視でインターフェースをいじりまわしてドツボにはまった感じがある。
まぁ、順序的にこれはやっぱりwin95・Me・vistaのグループだな。

変にいじらないでwindows7のGUIで SP2とか windows7.5でよかったんじゃねぇの?
windowsMe+windows2000=windowsXpでは上手くやれたのに・・・

| | コメント (0)

2013年10月 7日 (月曜日)

UEFIブートとWindows8再認証

まぁ、べつに不便があった訳でもないのだけれどPCのマザーボードを交換した。

なんとなくWindows8+UEFIでのブート環境を味わってみたかっただけです・・・
で、UEFIのマザーにしてみた結果。

挿さっているVGAがUEFI準拠ではないので、全速でブートというわけではないのだけれど確かにちょっと早い。
早いというより電源投入後スムーズにスタート画面にたどり着く感じかな?
とにかく感動のあまり何度も再起動してはえぇはえぇと連呼するほどの速さはない。

もっとも、そもそもWindows8はBIOSブートで起動が遅いというわけでもないので感動が薄まってしまったかな?

確かに、win95の永遠にカリカリ言っているんじゃないかと思えるほど起動に時間がかかったころのマシンと比べりゃ感動ものだけど、もはや旧来からのBIOSが立ち上がってどうのこうのという一連の起動シークエンスでもそうむちゃくちゃストレスが溜まるほど遅くなかったってことですね(苦笑

さて、UEFIブートはフーンで終わっちゃったのだけれどマシンの根幹を変えたのでライセンス認証が通らなくなった。

この際だからwin8をクリーンインストールしなおしたけどやはり初期段階で「ライセンス認証できません」となっている。

win7でもマザーあたりを替えると認証で蹴られたけど、それでも自動応答の電話認証でかたが済んだのでそう面倒でもなかった。
だけれどwin8ではもうちょっとガードがきつくなっていて、56ケタの暗証番号を打ち終えてようやく大マイクロソフト様から「この番号ではライセンス認証は受け付けられません、それでもアクティベートするならオペレーターに電話をつなぐよ」というような旨のお言葉を頂けるのだ。

手間かけさせやがって。

ここで「お断りします!」と言ってしまうわけにはいかないので大人しく順に沿って電話をポチポチしてようやくオペレーターと接触できる。

ここで、オペレーターから「正規品か否か」「ライセンス遵守使用か否か」という旨を聞かれるので「ちゃんとマイクロソフト様から買ったものでライセンスを守っている善良なユーザーです」の立場の上で返答すれば電話口で48ケタのライセンス認証番号(だったけかな?)を教えてもらえます。

画面上の7ケタ×8マスの暗証番号を伝えるのは覚悟していたんだけどなぜか最初の7ケタだけで済んでしまった、えぇ~いいんだ・・・

それにしてもオペレーターとのやり取りは、なんか、え?これでいいんすか??って感じで終わってしまった。
だってこれなら、手間さえ惜しまなければ(以下省略

ひょっとして、このやり取りにたどり着く手間とめんどくささもアクティベーションの一部なんじゃないだろうかとも思えますね。

ではまた。

| | コメント (0)

2012年10月31日 (水曜日)

Windows8に自動ログオン

ウィンパチではログオンとかログインとか言わないでサインインということになっているようですが、今まで通り

  1. ファイル名を指定して実行から control userpasswords2 を実行
  2. 自動サインインしたいユーザー名を選択
  3. ユーザーがこのコンピューターを使うには云々のチェックを外す
  4. 適用
  5. 自動サインインのパスワード入力を求められるので入力
  6. OK

以上でwindows8でも自動サインインすることができます。
お決まりながら記しておくと、当然セキュリティーレベルも下がりますからこの辺の判断はユーザー責任ということで。

しかし、スタートボタンがないデフォのwin8ってどうやってファイル名を指定して実行をするんだったかな・・・ちょっと調べてみよう。

カチカチ

えーと、windowsシステムツールの中に「ファイル名を指定して実行」があるようなので

  1. ポインタを画面右上か右下、またはwindowsキー+Cでチャームを表示
  2. スタート画面を選択
  3. 下の方をクリック→すべてのアプリをクリック
  4. windowsシステムツールの下のファイル名を指定して実行を起動

って感じですね。
もっと簡単な方法*があるかもしれないけれどとりあえずこれで出てくる。

些細な(しかし時には重要な)プログラムにたどり着くのにこの段取りはやっぱりめんどくさい気がする。
特にPC上でwin8を使うのならやっぱスタートボタン的なものはあったほうがいいな。
イジって楽しんでいる人ならなおさら。

ではまた。

* 調べたら、そういえばファイル名を指定して実行は windowsキー+R で起動しますね)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月30日 (火曜日)

windows8にしてからカスタマイズしたこととかプチ不具合とか

windows8にしてからカスタマイズしたこと覚え書き

-------

なぜかNASがネットワーク上で見えなくなる

Microsoft ネットワーク用クライアントがインストールされていなかった

--

スタートボタン追加  起動時のスタート画面をスキップ

 →Classic Shell  http://www.dnki.co.jp/content/view/145/1/

エクスプローラーのリボンインターフェース無効化

 →Ribbon Disabler for Windows 8  http://winaero.com/comment.php?comment.news.20

デスクトップガジェット廃止のため時計やシステムモニター的なデスクトップアクセサリーを配置

-------

こんな程度でほぼwindows7の時と変わり映えしないデスクトップ環境と使用感になった。
ならwin7でいいじゃん!みたいにつっこまれそうだけどそれはヤボってもんです(たぶん)

実際のところ、windows8はwindows7 に比べてすべてにおいて軽く感じる。
各所でいろいろなにか最適化が進んでいるってところだろうか。
一つ気がついたのは、システム推奨の仮想メモリサイズがwin7では実装メモリの120%程度(1.2倍)を要求されていたのだけれどwin8ではそれが40%(半分弱)で済んでいる。
まぁこれは実装メモリー量によっても違ってくるかもしれないが、なにかが変わっているのは間違いない。
SSDに対しての扱いも変わってそうな気がする。

vista→win7の時はまぁvistaも枯れてきたしハードウェアも追いついてきたからvistaのままでもいいかな、と思いつつ興味が先だってwin7にした。

しかし今回のwin7→win8は、すでにこのアップグレードはアリだと思っている。
3300円でwindows8にアップグレードできるのなら、止めときなさいと言う理由はない気がする(いまのところだけど)

ではまた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月26日 (金曜日)

ウィンパチ

つーわけで、早速ウィンドウズ8を・・・

はたしてwindowsの法則やいかに?

Dsc_0441

まずは、使ってないHDDをひっぱり出してきて接続しての検証インストール。
今使っている7をいきなりアップデートして、この8がwindowsの法則発動でちょっとアレなOSだったら後でいろいろめんどくさいので・・・

さてインストーラーも進化したのか、ずいぶんとスムースにインストール完了。
まぁ、クリーンインストールしたので早かったということもあるのだろうけど、大した対応もしないでたしか20分ぐらい(計ってませんでしたが多分・・・)でインストール終了。

「もう終わっちゃったの?早いわね」みたいな。

8

第一印象、「あれ?軽いじゃ~ん」

ひたすらマシンパワーとメモリ喰いOSはいくないんじゃないか?とVistaで気が付き7から方向転換した流れは変わっていないようだ。
当然、モバイル全盛という昨今の事情もあるのだろうけど。

入れたPCが2世代前のCPU搭載とは言え、3GHzオーバーのマルチコアCPUで素のOSが重いのだったらそれはやはり変な事だ。
でもしかし、Vistaがリリースされた時はその時のハイエンドでどうにかストレスなくだったりしたわけで、あれはあれでやっぱりちょっと考え方がおかしかった。(といっても、当時酷評されまくりだったvistaはSP2を当てて十分パワーとメモリがある今出来のPCで使うと結構快適ですよ)

さて、うぃんパチ、わりと良いんじゃない?という気がしてきたけど、ずいぶん長いこと慣れ親しんだスタートボタンが消えたのはやはりすぐには脳が受け付けない。
新たに加わったスタート画面(だっけ?)はどう考えてもタブレット端末向けのUIだ、マウス操作ではやっぱり使いにくい。

最近の高解像度ディスプレイでは、ポインターの移動距離がかなりになるし、いちいち画面が切り替わるのでどうも脳が受け付けない。
今までのスタートボタンがあった”左下隅”にポインターを置けば簡易スタートメニューのようなものが出るけど、結局はスタート画面に飛ぶ。

設定をざっと見たところスタートボタンを加える項目もない。
いままではあった、windows95以来のクラッシックスタイルのウィンドウスタイル設定も消えているようだしマイクロソフトはここで過去をバッサリ切ったかな?

とはいえ、事実上PCのOSを独占しているウィンドウズが10年以上も世界中のユーザーを慣れ親しませたUIを時代にあわないから止めます、とサクッと変更するのもどうかとおもう。
あっても不都合がないものなら、ユーザーに選択権ぐらい残してもらいたいものだ。

やっぱり、タスクバーあたりになんかランチャー的なものが欲しいな。
ま、だれかフリーソフトを作ってくれそうな気がすごいするけど。
またはSP1で復活するとか。

ではまた。

(補記20121027:すでに、ググるとwindows8にスタートボタンを付加するソフトがわんさか引っかかりますね・・・


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 1日 (月曜日)

windows7のペン入力時のエフェクトを切る

vista以降、OSでペン入力が本格的にサポートされたのはいいんだけど、デフォルト状態でペンタブレットなんかを使ってペン入力を使うとタッチ するたび妙なポインタアクションが起こる。

まぁ、見てくれの派手さはあるので初心者を引きつけたり、新しい機能の演出にはいいんだろうけど毎回毎回ペンタッチするたびにポチョンという波紋状 のエフェクトがかかるのはだんだんイライラしてくる。

あーもう!ポチョンはいいから静かにしてて!!

特に画像をいじくっていたりドロー系のソフトを使っていると、頻繁にポチョンポチョンとやられると作業に集中できない。

少なくともおれはいらない。

これをグーグル先生に聞くと、win7でこのエフェクトを切ったとか切りたいとか無効にする方法が一杯ひっかかってくるからやっぱりお節介なエフェ クトなんだろな。

vistaではコントロールパネルから簡単に無効化できたけどwindows7ではこの設定項目が無くなってしまい、もうちょっと深いところで設定 しなくてはならなくなった。

そんなにも使わせたい機能なのか?マイ黒ソフト。

それにしてもマイクロソフトってこういう大きなお世話的GUIが好きだよなぁ・・・

ってことでちょっと検索すれば出てくるんだけど、覚書の意味も含めて無効化方法を書いておく。

 

-------------

windows vista でペンカーソルのアニメーションを無効にする方法

  • コントロールパネルから ペンと入力デバイス>ポインタオプショ ン を開く
  • ポインタオプションのチェックボックスをすべてはずす。


windows 7 でペンカーソルのアニメーションを無効にする方法

  • gpedit.msc を検索して起動
  • ローカルポリシーエディターが起動する
  • ローカルコンピューターポリシー→ユーザーの構成→管理用テンプレート→
    windowsコンポーネント→Tablet PC→カーソル
  • ペンのフィー ドバックをオフ


  windows 7 でペンカーソルのアニメーションを無効にする方法2

 
home Premium にはgpedit.mscがありませんので・・・

  • スタートメニュー>管理ツールなどからサービスを開く
  • Tablet PC Input Service を選択してプロパティを開く
  • スタートアップの種類→無効 サービスの状態→停止にする

| | コメント (0)

2010年1月20日 (水曜日)

Windows7のAeroスナップを無効化したよ

なんとなく使わない予感がしていたwindows7から追加されたAeroの新機能、Aeroスナップを無効化した。
ウインドウのタイトルバーをドラッグして画面隅に持っていくと全画面表示になったり、画面半分表示になったりするあれだ。
使い始めて数日は、おお!勝手に全画面表示される!!とか喜んでみたりしたけど、結局「で、どうした?」的な機能なので気に留めていないと忘れる。
今までの慣れた操作の”タイトルバーをダブルクリック”しての全画面表示をしてしまう。

”してしまう”、と書いたけど、実際にはタイトルバーをダブルクリックしたほうが楽だと思うんだけどな・・・

体が覚えない操作であるので使わないということもあるけど、それなら無効化しなくても別に問題ない。
が、しかし、文字通りに勝手にウインドウサイズが変わってしまうことがままあり、あーもうっ!でかくならんでいいっ!とイライラする。
デュアルLCDを使っているので、ウインドウをドラッグしてサブ画面に移すときなどに無意識に変な位置に置いてしまうと気がつかないうちに最大化している。
メインとサブの解像度が違うのも原因かも知れないけど。
メイン画面を使っていても、ウインドウを「ちょっと端にいってってね」かなんか言いつつ邪魔にならなそうなところへおいて置こうとすると途端に右半分に巨大化し自己主張を始めたり。
で、マテマテマテマテ!お前は小さくなってろ!と結局最小化するのだ。

まぁ、人により操作の癖があるので一概にはいえないが、個人的には微妙にイライラするような挙動をする機能だ。
んで、冷静に考えると、ひとつも便利ではない。

そこで調べてみると、コントロールパネルからAeroスナップを無効化できることに気がついた。

 

コントロールパネル>コンピューターの簡単操作センター>コンピューターでの作業に集中しやすくさせます>ウインドウの管理を簡単にします


あーあ、マイクロソフトは自分で”作業に集中できずウインドウの管理が難しい”って認めちゃってるよ・・・(´-`)

もちろん即行機能停止させたわけだけど、やはり何一つ不便がない。
別にきっかり左右半分づつウインドウとかつかわねーし(笑

ではまた。

 

| | コメント (0)

2009年12月13日 (日曜日)

Windows7にもフリップ3Dってまだあった。クイック起動を復活。

フリップ3Dは個人的に激しくどうでもいいwindows Aero の機能なので気にもとめてなかったけど、XPとVistaにあってwindows7で隠されてしまったツールバーのクイック起動を復活させればフリップ3Dアイコンも一緒に出てきますな。

とゆーことでフリップ3Dはどうでもいいけどクイック起動は便利だから復活させますた。
その方法は

  1. タスクバーを右クリック
  2. ツールバー>新規ツールバーをクリック
  3. 起動パーテーション(通常C:)\Users\”ユーザーフォルダー”\AppData\Roaming\Microsoft\Internet Explorer\Quick Launchを選択
  4. ほーらタスクバーにクイックランチが現れた

ま、わざわざクイック起動を復活させなくってもショートカットを置く適当な”新しいフォルダー”を作ってそれを明示的に指定すりゃいいんだろうけど。

それにwin7はタスクバー上のアイコンのジャンプリストからプログラムをタスクバーにクリップさせることが出来るようになってるんでクイック起動は無くても間に合うっちゃー間に合うんだけどね、ほら、慣れたインターフェースのほうが使いやすいじゃーん。

 

Photo

この参考画像じゃクイック起動よりもドアラに目がいっちゃうな・・・w
ちなみにわたしドラゴンズファンではありません。強いて言えばドアラファン。

 

で、慣れてる方がいいということで、クイック起動を復活させてタスクバーのクリップをやめてタスクバーも薄くした。

あ、これじゃvistaと区別つかねぇや・・・

 

ではまた。

 

| | コメント (2)

2009年10月31日 (土曜日)

フリップ3Dってwin7にもあるの?どうでもいいけど

vistaはリリース当所はメモリ食い過ぎだのバグだらけの未完成OSだのいろいろ言われてましたが、SP2が当てられるくらいの末期になるとソフト的にも安定してきて(おれ的に)使用しているハードの性能の底上げもあり

「このまま使っててもいっかな?」

と言う感じになっていた。まぁ、手に馴染んで来たってこともあるんだけど。

でもまぁ、PC趣味を持っている身としてはとりあえず新OSには移行したくなっちゃうので”遊び弄くりマシン”には早速Windows7をインストールして使っている。

しかし、(PCをバリバリ使う業種でもないんだけど)仕事PCはVistaのままだ。
構成の引き継ぎは上書きインストールすればいいんだろうけど、いまはなかなか安定していて不便もない状態なのであんまり冒険はしたくない。

ということでVistaとWindows7を平行してメインで使っている。
でちょっと気になっているのがAeroスナップ(でいいんだっけ?)なのだ。
えーと、正の向きに気になってるんじゃなくて負の方向でですが・・・

ウインドウを画面端に持って行くと自動的に大きくなったりするあれ。
タイトルバーをひょいと画面上に持って行くと全画面になり”おぉー”と思うけど「で、なに?」的にもおもう。
だいたい元々タイトルバーをダブルクリックすりゃあ全画面表示されるし、そのほうがポインタの移動がすくないから楽なんだけどなぁ。
windowsの設定上でも作業効率を上げる手段としてこの機能を切る項目があるのも腑に落ちないですナ。

これって大々的、までは行かないけどwin7の新機能として紹介されていますが、おれ的にはどうもwindowsフィリップ3D的な何かを感じてしまう。
vista登場時にあれだけ紹介されて近未来OSを演出したグリグリウインド。
いざ使ってみるとそんなに便利じゃなくてインストール後3日ぐらいはグリグリしたけど、いつまにか使わなくなってすっかり忘れている内にwin7でなくなったアレだ(笑
(091214追記:ごめん、まだあった・・・

シェイクは便利だけどスナップはこれ見たいに忘れ去られちゃうんだろうなぁ・・・たぶん。

あ、でもNT6.x系OSはvistaで検証試験がおわってバグも結構取り終わったみたいだからvista SE Windows7はSP待たなくても買いでいいと思う。

 

ではまた

 

| | コメント (0)

2009年10月26日 (月曜日)

Windows7で早速エクスペリエンスインデックススコアをとる

やっぱこれだね~♪ロッ・・じゃなくてエクスペリエンスインデックススコアの評価(笑

 

win7: Phenom II x3 720BE@x16.5+Radeon HD4670     6.9 7.2 6.8 6.8 5.9

vista:Phenom II x3 720BE@x16.5+Radeon HD4670   5.9 5.9 5.9 5.8 5.9

 

でした。

 

Vistaでは上限が5.9でしたのでほぼすべての項目で頭打ちになってしまっていて比較目的のベンチマークとしてはよくわからない状態でしたが、win7では上限が7.9まで拡張されているのでスコアにばらつきが出てきた。

Vistaで5.8だったゲーム用グラフィックスが6.8になっているということは単純に上に2.0拡張されたというわけでもなさそう。
プロセッサ・メモリ・グラフィックス・ゲーム用グラフィックスが7.0前後というのはパーツの性能からしてまぁこんなもんかな、という感じだけどHDDが5.9というのはちょっと低い気がするかも。
SSDにも正式対応しているwin7では100MB/sをちょいと超える程度のHDDではこんなものなのなんだろうかネ。

ではまた。

| | コメント (0)