« ニュートン主鏡の再メッキをする 5  H-100改鏡筒に組み込む | トップページ | 主鏡再メッキの潜在需要はたぶん多いよ »

2017年6月18日 (日曜日)

Jトップの幌のジッパーを縫う

幌のリア開閉部分のジッパーが、糸の劣化で縫い付け部分からブチブチ取れるというJトップの持病が発生。
この幌もそろそろ10年目だし、まぁしょうがない。

直さないわけにもいかないので、革製品や帆布みたいな厚い布の縫い付けに使う「ハンドステッチャー」を買って縫い直した。
今までは、太めの木綿糸とか釣り糸なんかで補修していたんだけど革縫製グッズは思いつかなかったので今回が初の試み、これ悪くなさそう。

Img_0188

特に黒い糸を使ったわけでもないのでハンドメイド感たっぷり(雑ともいう)ですが、これで用は成します(笑

まぁ、そろそろ幌の寿命も見えてきたし、新しいのに変えるようだろうなぁと思っていたタイミングなので応急処置的な補修でもあります。

とはいえ、見た目は別にして、蝋引きの革縫製用の糸で縫い付けると結構しっかり感があるので、幌生地自体は激しく劣化してないしあと4~5年いけるんじゃないか?と思ったのですが

Img_0189

リアスクリーン(透明部分)にヒビが入っていました・・・
流石にここのヒビは、ステッカーを貼ってごまかすぐらいしかないよなぁ。

やっぱどっちにしろそろそろ寿命が見えて来ているなこりゃ。

純正部品としての幌はさすがに出てこなくなったとも聞くし、これは知っているシート店に作ってもらう算段を始めた方がいいかもしれないな。


|

« ニュートン主鏡の再メッキをする 5  H-100改鏡筒に組み込む | トップページ | 主鏡再メッキの潜在需要はたぶん多いよ »

J-TOP」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ニュートン主鏡の再メッキをする 5  H-100改鏡筒に組み込む | トップページ | 主鏡再メッキの潜在需要はたぶん多いよ »