« 1992年式 パジェロJトップ クラッチ交換など | トップページ | ニュートン主鏡の再メッキをする 5  H-100改鏡筒に組み込む »

2017年5月13日 (土曜日)

ニュートン主鏡の再メッキをする 4

記事投稿の間が開いてしまいましたが、H-100の主鏡再メッキがおわりました。

セルドレンに持ち込んだ時にだいたいどのぐらいで仕上がるかお聞きしたところ、二週間くらいとの事でしたが、実際は一週間で仕上がったとの連絡をもらいました。

持ち込んだ時に、担当の方から「ちょっと作業現場見ていきます?」なんて声をかけてもらったのですが、平日昼間の仕事の途中のことなので長居をする事も出来ずお断りした。
あー、本当は見て見たかったので残念。

Dsc_6013

 

仕上がった主鏡を画像で見てもよくわからないと思いますが、映っている像が以前よりくっきりしていますね。
光源に向けて裏から覗いてみても全く透けていません。
まぁ、再メッキしたんだからあたりまえなんですけどねw

さて、鏡筒の再塗装も終わっているし、木星観望好機のうちにH-100を再起動できるな(たぶん)

|

« 1992年式 パジェロJトップ クラッチ交換など | トップページ | ニュートン主鏡の再メッキをする 5  H-100改鏡筒に組み込む »

天文」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 1992年式 パジェロJトップ クラッチ交換など | トップページ | ニュートン主鏡の再メッキをする 5  H-100改鏡筒に組み込む »