« 1992年式二代目パジェロJトップ、ついに来るべき時が来た | トップページ | ニュートン主鏡の再メッキをする 4 »

2017年5月12日 (金曜日)

1992年式 パジェロJトップ クラッチ交換など

クラッチ交換自体は10万弱だったけど、さすがに25歳で14万キロの車だけあって他にいろいろ逝ってましたなぁ~

20170424_075150162_ios

その減ったクラッチ板

クラッチ以外にウオーターポンプやらミッションマウントやらこの際出来る部分を修理して17万円ちょっと也。

うーむ、結構出て行ったな。

でもまぁ、クラッチの切れが良くなったし(あたりまえだが)、変な振動も激減してこの車こんなに静かだったっけ?みたいに快調になったので、費用対効果はかなりあったしこの出費はまぁ仕方ないかな。

しかし、それはそうとして、自動車税の納税通知書も来ましたよ、2000cc超で旧車割増しが掛かって58,600円か...

今年は車検もあるし車に30万円以上かかってしまった。

趣味の車だしなぁ、と自分に言い聞かせることにしようw

|

« 1992年式二代目パジェロJトップ、ついに来るべき時が来た | トップページ | ニュートン主鏡の再メッキをする 4 »

J-TOP」カテゴリの記事

コメント

これはこれはご無沙汰です。

冬の関越道のSAは、スキー板を卒塔婆みたいに立てたパジェロロングのオーナーズクラブの集会か?みたいな状況だったのに、確かに最近は2代目パジェロなんて見かけるのも珍しいですね。
ましてやJトップなんてw

やはり20年越えの車はどこかにガタが来るのは避けられませんよね、そもそも故障修理が怖かったら20年超車なんか好きで乗ってませんしw

そういえば、純正部品のホロはとうとう出てこなくなったみたいですね。
わたくしの所は数キロ離れたごく近所にJトップ初期型に乗っている人がいるという日本でも(たぶん)稀有な地域ですがその方情報です。
いろいろ当たって作ってくれるテント屋さんを探したということです。

投稿: え@ここの制作者 | 2017年5月18日 (木曜日) 18時58分

私もJトップも去年の車検時に、大枚をはたいて延命処置しました。すれ違うことがほとんど無くなったJトップですが、元気に生き残っていてうれしいです。

投稿: ダホ | 2017年5月18日 (木曜日) 07時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 1992年式二代目パジェロJトップ、ついに来るべき時が来た | トップページ | ニュートン主鏡の再メッキをする 4 »