« ニュートン主鏡の再メッキをする 3 | トップページ | 1992年式 パジェロJトップ クラッチ交換など »

2017年4月 3日 (月曜日)

1992年式二代目パジェロJトップ、ついに来るべき時が来た

ぐは、とうとうクラッチが滑り始めたか・・・orz

まぁなぁ、今年25歳になる前世紀の車だし14万キロだしクラッチは消耗品だし仕方がないっちゃぁ仕方ないんだけど修理10万円コース確定だこりゃ。

かと言って10~20万円で買える車で欲しい車もないし、修理して乗るけどねw

車趣味がない人はたまに勘違いしてるけど、古い車を買い替えないで乗ってる人=車にお金を掛けない人、または車に関心ない人 じゃないかならぁ(笑

さて、乗用車の99%(推測)がATでクラッチ切ったことがない人が多数派のこのご時世、”クラッチが滑る”と言われてもどういう状態かわからないと思います。(もっともMT乗用車がまだ主役だった頃でも滑るまで使い倒す人は少なかったかもしれませんが)

んで、初期症状としてどんな感じになるかというと、1速落としてちょっと元気よくダッシュすると昔のATの気持ち悪いレスポンスの如く回転がちょっと上昇した後にあとから加速したりするわけですよ。MTなのにトルコンかよ的に。

まだこのぐらいなら優しく扱っていればそこらへんにお買い物に行くぐらいなら支障がないけれど、普通に発進するときにワンテンポ遅れて動き出すようになるのは遅かれ早かれ時間の問題だろうな。
意図せず信号停止で坂道発進状態になりクラッチが滑って動けないなんてことになったら目も当てられない・・・

いすれにせよ直さにゃ使えないんだから、さっさと修理に出すか・・・
痛いけど(サイフが)



|

« ニュートン主鏡の再メッキをする 3 | トップページ | 1992年式 パジェロJトップ クラッチ交換など »

J-TOP」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ニュートン主鏡の再メッキをする 3 | トップページ | 1992年式 パジェロJトップ クラッチ交換など »