« H-100鏡筒を再塗装する その8 | トップページ | Jトップのショックアブソーバーを替える »

2017年2月 4日 (土曜日)

GP赤道儀経緯台化計画 その1

そんなに何台も経緯台が必要なのか?w

とはいえ実際にH-100赤道儀改経緯台で長いニュートン反射を使うと微動ハンドルが遠くてちょっと使いにくい。使いにくいだけならまだいいけど物によったら手がとどかない。
積載重量的にもD200mmF6ニュートンがいっぱいいっぱいい、使えないわけではないけどちょっと余裕がない。
それに、屈折用と反射用で三脚を移し替えるのが結構めんどくさい、ニュートン反射用の経緯台が欲しい。

という大義名分が立ったのでGP赤道儀経緯台化に突入です(笑

そんなの極軸を天頂に向ければ済むんじゃね?という事ではなくて、H-100赤道儀改の時みたいにT型経緯台に魔改造しようという話。

目標はこんな感じ

  • 水平軸ベアリング追加
  • D200mmF6ニュートン積載可能(D250mmF4ニュートンが載れはさらによし)
  • 両軸モーター駆動

ま、ぐぐってみるとGP赤道儀にベアリング仕込んだ話もちらほらあるしなんとかなるでしょw

|

« H-100鏡筒を再塗装する その8 | トップページ | Jトップのショックアブソーバーを替える »

天文」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« H-100鏡筒を再塗装する その8 | トップページ | Jトップのショックアブソーバーを替える »