« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月の1件の記事

2017年1月 5日 (木曜日)

H-100鏡筒を再塗装する その8

やれやれこれで乾燥させたら塗装も終わりだな、という段階で強制乾燥しすぎて焦げたとか手が滑って中傷が入ったとかトラブル連発で否応なく冬休みの工作になってしまったという・・・(苦笑

Image001

パテ埋めして板金作業をすることになるとは・・・
ちなみに細いのはD80mmF12.5アクロの鏡筒(こっちも傷を入れてしまい再塗装してます)

パテ埋め後に当然再塗装しているので、結果的に5~6層以上のウレタン塗装をしたことになったのは結果オーライで良かったんだかなんだかw

Image002

筒内の艶消し塗装は黒染め剤を使ってみた。
あたりまえだけど、これのほうが”乗り”がいい。

Dsc_5999

そして、仮組。
ふむ、実際に形にしてみると何となくへたった感じも一新して心機一転感もあり悪くない。

ウレタン塗装は被膜が強いとは聞いているけど、実際の強度がどのぐらいだか見当がつかないので多少おっかなびっくりパーツを取り付けていったが、当たった部分からポロポロ欠けるとかいうこともないのでやはりそれなりの硬度はある気がする。

ということで、H-100の鏡筒再塗装はめでたしめでたしというところでしょうか。

いやでも、バンドをかけて実際使ってないのでまだ気が抜けないか。
塗装後の鏡筒バンドかけは、塗装がねちゃったり剥げたりと関門だからね~

さてそして、H-100赤道機魔改造経緯台のほうも完成。

Dsc_5997

ベース架台部は再塗装で追加改造した部分を同じ結晶塗装で仕上げた。
やはり、塗装をちゃんとすると統一感がでるから見てくれは悪くない。

んー、でも一部はアクセント的にアルミ地を残した方がよかったかな?とかちょっと思うがいつまでたっても終わらない危惧も出てきたことだし、まぁこれでいいでしょう。

あ、何事もなく初記事を書いてしまいましたが、初見の方も読者の方もあけましておめでとうございます。

ではまた。


| | コメント (0)

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »