« H-100鏡筒を再塗装する その5 | トップページ | H-100鏡筒を再塗装する その7 »

2016年11月23日 (水曜日)

H-100鏡筒を再塗装する その6

二回り、いや三回りほど小さい段ボール箱に変更して結晶塗装の焼付をしてみる。
今日は時間が取れなかったので、試験的に一つだけ結晶塗装してみた。

20161123_084728515_ios

ヒートガンを突っ込んでから数分で挿した温度計は120℃オーバーまであがる。
先代のデカい箱とは比較にならないほど速い、まぁあたりまえだけどねw

このぐらい効率がいいならいけそうな気が。

Dsc_5986

ということで、だいたい成功というところかな。
若干ムラはあるけれど(これは多分、塗装が薄すぎたため)ほぼ全体的にチヂミ模様が発生しているので、加熱ムラは少ないような気がする。

では次の作業日にはこの窯で行ってみましょうか。

 

|

« H-100鏡筒を再塗装する その5 | トップページ | H-100鏡筒を再塗装する その7 »

おれ製作所」カテゴリの記事

天文」カテゴリの記事

コメント

段ボールの発火点は250℃オーバーみたいなので平気だと思いますが、実際は、ヤバくね?ってほど熱くなるので不安です(苦笑

なので、断熱材等を使い補強しようかと構想中・・・

投稿: え@ここの制作者 | 2016年11月24日 (木曜日) 19時30分

加熱しすぎて火事にならない事を祈ります(-人-)

投稿: | 2016年11月24日 (木曜日) 11時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« H-100鏡筒を再塗装する その5 | トップページ | H-100鏡筒を再塗装する その7 »