« ちょっと豊洲と築地あたりにいってくる 3 | トップページ | ちょっと船の科学館あたりに行ってくる 2 »

2016年10月17日 (月曜日)

ちょっと船の科学館あたりに行ってくる 1

西暦2016年10月14日金曜日14時3分、私は船の科学館の近傍に立っていた。

Dsc_0485_029_resize

まぁ、半年ぐらい前にも来たわけだけれど再訪したみた。
すると南極観測船・宗谷の移設作業真っ最中だった。

Dsc_0488_032_resize

宗谷は今まで展示されていた向きと真反対になるようでちょっと新鮮。
それ以上に移設作業中の宗谷を見る機会のほうがタイミング的にはるかに貴重だよね。
これはこれでいい時に来た(たまたまだけど)

Dsc_0494_038_resize

ということで今まで宗谷が展示してあった場所は妙な具合に空くわけだけど、ここどうなるんだろう?
船の科学館本館がリニューアル準備としつつ事実上の閉館状態だし、ここに新たに維持費のかかる記念船的なものを置くとは考えにくいのだけど・・・
宗谷でさえ船の科学館休館により維持費捻出が難しくなり保存が危ぶまれていたわけだしなぁ。

Dsc_0541_085_resize

それにしても、何時みてもこの大きさの船で南極まで行ったというのは驚く。
船の大きさもさることながら、日本がアメちゃんにタコなぐりにされ半殺しになった敗戦からわずか10年後に南極観測隊を出したというのも考えてみれば凄いし、宗谷自体が戦前に進水した船だとというのもなんか凄いよね。

Dsc_0556_100_resize

Dsc_0602_146_resize_2

さて、遠くにコンテナ船が見えていたのでいったん船の科学館から離れコンテナふ頭のほうへ来てみました。

ガントリークレーンがコンテナを船からトレーラーに次々と積み替えている。
何気なくみていると何でもない光景だけど、センサーが位置を検知して云々とかでひょいひょい積み替えているわけではなく、クレーンオペレーターの職人芸でやっているんだからこれもまたすごい。

ほー、大したもんだーとしばらく鑑賞していたら、羽田のほうからちょっと音の大きな、シルエットの大きな機体が離陸してきた。
今となっては珍しい4発の機体だな、747?(飛行機そんなに詳しくないのよ)

Dsc_0625_168_resize

というわけで船の科学館にもどります。
前回来たときに見逃してる野外展示物が結構あるしな。

つづく!


|

« ちょっと豊洲と築地あたりにいってくる 3 | トップページ | ちょっと船の科学館あたりに行ってくる 2 »

ちょっと行ってくる」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ちょっと豊洲と築地あたりにいってくる 3 | トップページ | ちょっと船の科学館あたりに行ってくる 2 »