« オレたちの太郎 | トップページ | すこし古めのHDDをベンチマーク Maxtor編 »

2008年12月23日 (火曜日)

ひと山5000円で買った望遠鏡で星を見る

以前記事にしたヤフオクで一山5000円で買った望遠鏡。
この中の大モノ、ビクセンのCOSMOSTAR ER-115M(現行のブランド名はスペースアロー ER-115Mに変わったみたいですが)という”いかにも”な115mm反射に少々手を加えて先日の夜、山へ持ち出した。

Pict0276s
大型カメラ三脚+ミザールK型経緯台+115mm鏡筒+FC-100のファインダー
反射経緯台って”萌える”よね(笑

当初、ファインダー欠品だったのでビクセンのアリミゾファインダー金具を取り付けFC-100のファインダー(こちらもアリミゾ対応改造済み)を同架できるようにした。
そして元々安っぽい簡単な赤道儀に載っていたものを外し、鏡筒バンド部分にビクセンのアリガタを取り付けある程度システム化して手持ちの架台に載せ替えられるよう改造。
取り扱い安さから稼働率があがるのでもっぱら上の画像の組合わせでスタンバイ状態なのだけど、良い空で使うのは今回が初めてとなる。
そして結論から言ってしまうと意外と使える。

素性が誕生日プレゼントクラスの機体だからそれなりな部品構成ですが、低~中倍率域で夜空を流して行くには見え方も含めて何も問題ない、むしろ手軽に扱えて気分がいいし楽しい。(もっとも200倍近くの倍率での経緯台で追尾なんてあまり現実的ではありませんがネ)
そりゃまぁ、FC-100の針で突いたようでありながらもどっしり安定した見え味とは比較にはなりませんが、口径差+15mmと純ニュートン反射の切れ味もあってか前記の使い方では(わたし的には)不満はありませんな。
重箱の隅を突くようなことを言うと、開口部バンド一体型の樹脂製スパイダーが少々厚いので恒星に足が目立つのと(おそらく精密球面鏡なのでしょうがないことだけど)視野の隅20%辺りですこし収差が出てくるあたりか。あと24.5mmのドロチューブにアダプターかませて31.7mmを付けているから多少蹴られてるのかもしれないナ。
でもま、なんたって一山5000円だから差し引きしてもおつりが来るけどね。

しかし・・・、この望遠鏡も余生をちゃんと天体観望に使ってもらえてたぶん幸せだよなぁ(笑
この手の望遠鏡の末路は大部分押し入れの肥やしだろうから・・・orz

|

« オレたちの太郎 | トップページ | すこし古めのHDDをベンチマーク Maxtor編 »

天文」カテゴリの記事

コメント

天文予備知識がないとどんな望遠鏡を買っても月となんか明るい星とビルか山をみてハイ終了、のオチが多いみたいですね。
安い望遠鏡からはまっていく人もいますしいきなりハイアマチュア用買って死蔵ってパターンもあるし何ともいえませんが。

投稿: ここの制作者 | 2008年12月28日 (日曜日) 23時22分

気になる望遠鏡ということでパソコン雑誌などにチラチラ載ったときは目がいってしまいます

先ほどもアスキストアで検索したら9990円で売ってますし・・・予備ノートあればほしい1品です

投稿: だいすけ | 2008年12月28日 (日曜日) 22時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« オレたちの太郎 | トップページ | すこし古めのHDDをベンチマーク Maxtor編 »